Posts Tagged TVゲーム

FF15

月曜日, 7月 8th, 2013 | Permalink


エーブックスタッフの水野です。

先日、ゲーム会社『SQUARE ENIX』の看板ゲームの一つであるファイナルファンタジーシリーズのナンバリング最新作であり15作目に当たる『FINAL FANTASY XV』の製作が発表されました。
これは元々『FINAL FANTASY VERSUS XII』という13のスピンオフ作品としてPS3向けに製作されていたものらしいのですが、2013年6月に行われた「Electronic Entertainment Expo 2013」において、新たなナンバリングタイトル『ファイナルファンタジーXV』に改題し、プラットフォームをPS4とXbox Oneに変更すると発表されました。
 
ヴェルサスとして作られた頃、その製作段階の画像を見たことがあり、世界観は現代~近未来的なイメージで、主人公はヴィジュアル系っぽいイケメンだということくらいは分かっていたのですが、今回発表された情報では、その概要が明らかになりました。
 

 

 
あらすじ
世界に現存する最後のクリスタルを有するルシス王国。
軍事国家ニフルハイムとの長き冷戦に終止符を打つべく、和平調停を結ぶ運びとなった。
その歓喜の中、兵器の使用を禁ずるルシスの魔法障壁が破られ、
ニフルハイム軍の攻撃が始まる。
平穏な日々を過ごしていたルシス王家後継者のノクトと、
その仲間達は突如として戦乱に巻き込まれて行く。

 
このあらすじだけですと、完全に中世ファンタジーもののように聞こえますが、世界観は思いっきり現代風です。
僕の予想ですが、クリスタルはおそらくこの世界の核兵器的な巨大な力を持つ象徴なのでしょう。
 
王子と、その召使い(という名の友人たち)が主人公で、ヒロインは後に敵対する王家の娘、という情報を聞いて、どこかロミオとジュリエットを思い浮かべました。
映像を見る限り、主人公は少し退廃的で感傷的なイメージで、また仲間と”つるむ”感じが、バズ・ラーマン監督の『ロミオ+ジュリエット』のロミオを彷彿とさせます。
しかし、近作のテーマは、愛情よりも友情がメインの“絆”であり、何気にファイナルファンタジーでは珍しく、おそらく初めてのパターンではないでしょうか。
 
 
FFシリーズ的には、FF13がFF7のSF感を継承しているとするならば、今回のFF15はFF8を継承しているように感じられます。
世界観も、イタリアのヴェネチア、フランスのパリ、日本の新宿などをモチーフとした街が登場するらしく、SF近未来というよりは、現代的なイメージが強く、キャラクターの格好もフィンランドかどこかのエモ系バンドのようで、サイバーパンク的な感じではありません。
この現代的な風景に、ベヒーモスや鉄巨人などのFFではお馴染みのモンスターがいても、不思議と違和感がないからスゴイ。
これが、おそらくFF7から培ってきた現代のFFのイメージなのでしょう。
 

最近の投稿

出張買取エリア