Posts Tagged oasis

Arctic Monkeys

月曜日, 9月 23rd, 2013 | Permalink


イギリスのロックバンド『アークティック・モンキーズ』の新作『AM』が2013年09月10日に発売されました。

AM – Arctic Monkeys

Track List
01. Do I Wanna Know?
02. R U Mine?
03. One For The Road
04. Arabella
05. I Want It All
06. No. 1 Party Anthem
07. Mad Sounds
08. Fireside
09. Why’d You Only Call Me When You’re High?
10. Snap Out Of It
11. Knee Socks
12. I Wanna Be Yours
13. 2013(日本盤ボーナストラック)
 
 
 
アークティック・モンキーズといえば2002年に結成され今年で早11年目になるのですが、おそらく既に2000年代以降のロックシーンを代表するようなバンドとなっているのではないでしょうか。
オアシス以来の大物ともいわれているようです。

アークティック・モンキーズがデビューした時(2006年)、ボーカルのアレックス・ターナーは弱冠20歳前後で、その当初からあまりにも自嘲的且つロジックが巧みな歌詞を歌っていたため、実は影でゴーストライターがいてそれが作詞をしているんじゃないかとの噂もあったほど。
またザ・スミスのモリッシーは彼らがあまりにも若く、そして早くブレイクしてしまったことに批判的な態度を示したことも有名です。
そのことに対しオアシスのノエル・ギャラガーは「人気が出る出ないは本人の意思ではどうしようもないこと、それは仕方がないだろ」とアークティック・モンキーズを擁護する場面もあったそうです。
後にモリッシーも「考えてみれば僕たちスミスもデビュー当時は同じような感じだった、批判するのは間違っていた」と謝罪しています。
 
たかが50年、されど50年、ロックミュージックのシーンというものが出来上がってそれだけ年数が経てば、色々な才能があるのは当然。
ともすれば、若いうちからそれらを吸収し、さらにそれを凝縮してアウトプットすることも当然出来うることなのを証明してくれたバンドが『アークティック・モンキーズ』なのだと思います。

若くして爆発的な人気を誇っている彼らについてやはり素直に肯定できないロックファンも多いようですが、僕は彼らの音楽は好きです。
最初に聞いたのはこのBrian Stormという曲です。レッドツェッペリンの移民の歌をさらにハードにし、いかにもイギリス的なマイナー調な旋律で三連譜を駆使したリズムに衝撃を受け、素直に「ムチャクチャかっこいい!」とうなってしまいました。

はっきりいって日本でこういうようなハードでエッジの効いた曲をやるバンドがいても、それはいかにもオルタナティブ的で、アンダーグラウンド志向なイメージを持たれてヒットしたとしても一般的な音楽ファンの耳には届かない。ということがほとんどだと思います。
しかし、これが現代でも国中で大ヒットするというイギリスという国にはロックという音楽が少なくとも日本よりははるかに身近なんだなと思いました。

Brian Stormは若さのエネルギーに満ち満ちたような曲ですが、僕はこのCrying Lightningを聞いた時、「うわ~、やれらたな~」という気持ちになりました。

相変わらずマイナー調のメロディはおそらく手癖なのでしょうが、「この曲なんか聞いたことあるな~」と思ったら、多分ドリフターズの『ドリフのズンドコ節』。
怪しげで如何にもB級な世界観は、若い物好きなティーン、マニアックなロックファンは勿論、初期のピンクフロイドやドアーズ辺りが好きな古いロックファンをも唸らせることが出来たんじゃないでしょうか。
 
そして、今回の新アルバム『AM』からのシングル『Why’d You Only Call Me When You’re High?』。

相変わらずなメロディ癖ですが、深みは増す一方。切なさも増してきました。
何よりボーカル、アレックスターナーのイメチェンぶりが驚きです。
最初はいかにもイギリス風な文学青年スタイルで、それからロングヘアのハードロック風スタイルに変化していき、そして今は何とリーゼントに革ジャンのロカビリー風スタイル。
いかにも繊細そうなイメージだった彼が、こういうスタイルをしたのは驚きですが、僕はこれが一番かっこいいと思いました。
 
arcticmonkeysnow

また、これからどんな音楽を発表してゆくか楽しみです。

最近の投稿

出張買取エリア