Posts Tagged Jimmy Page

THE YELLOW MONKEY 『イエモン-FAN’S BEST SELECTION』

月曜日, 7月 29th, 2013 | Permalink


日本のロックバンド『THE YELLOW MONKEY』がデビュー20周年の企画でベストアルバムが発売されるそうです。
 
イエローモンキーは、1989年に結成され、1992年にメジャーデビューした日本のロックバンドです。
結成当初は、DAVID BOWIEやT.REXなどの影響を受けたグラムロックバンドという形でデビューし、後にブリティッシュ・ハードロック色を強めていきました。
ちゃんとマニアックになり過ぎないように上手い具合に本物のロックバンドとして、90年~2000年代の日本のロック史を代表するバンドの一つです。
 
theyellowmonkey
 
何を隠そう、僕が日本のロックバンドの中で一番好きなバンドがこの『THE YELLOW MONKEY』。
まず印象的なのがメンバー全員のルックスのマジさ。
メンバー全員が180前後の高身長に、全員長髪。
古着屋で700円くらいで買ったような柄シャツに裾広がりのズボン。
ボーカルの吉井和哉は日本人離れしたような顔をしており、
金髪で長髪の時はLED ZEPPELINのロバート・プラントにそっくりです。
その時期はギターもジミー・ペイジを意識してか、髭を生やしダブルネックを使ってました。
デビュー当時は、吉井はあからさまにグラムロック時代(ダイアモンドドッグス辺り)のデヴィッド・ボウイ風の髪型で、ベースはシルクハットをかぶったカーリーヘアでマーク・ボラン風。
日本でこんな「ロック!」って感じのバンドがいたのか!とそんなマジさに衝撃を受けました。
 
そして、ただ格好ばかりではなくちゃんと音楽もロック。
デヴィッドボウイは勿論、70年代のロックに対し、さまざまなオマージュが散りばめられています。
そこには、ただの懐古趣味的なブリティッシュロックバンドではなく、プラスにある要素がありました。
それは昭和歌謡です。
キャリアを当してほとんどの作詞作曲を担当しているボーカルの吉井和哉は「自分が好きなのは、70年代の音楽というより、昭和40年代の音楽といった方がしっくりくる」と言っています。
今までやったカバー曲で音源として残っているのは、70年代のグラムロックバンド『Mott the Hoople』のHonaloochie Boogieと、由紀さおりの『夜明けのスキャット』ということが象徴している気がします。
グラムロックと同様、昭和歌謡に対してもさまざまなオマージュが散りばめられており、またグラムロックのロマンチックさと、昭和歌謡のクサさが絶妙に合うのです。
 
音楽性とは別に、ボーカルの吉井和哉の自分の血を大切にする感じが僕はすごく好きです。
父親が旅役者で、ドーランの匂いに囲まれて育って、子どもの彼はそれが何だか恥ずかしくて嫌だったそうです。
それで彼が五歳の時に父親が事故で亡くなってしまい、それから母親が水商売を始めて、和哉少年はおばあちゃんに預けられて育ったという、こう言ってはいけないのかもしれませんが、貧乏で”不幸”な生い立ちなのです。
彼は、自分がロックバンドで、しかも化粧をして着飾るグラムロックをやったということについて、もしかしたらこれは父親の遺伝子なのかもしれない、と言い、それで母親を養っていけているということで全てが清算されるような気がして、何だか泣けてくるのです。
 

 
イエローモンキー、吉井和哉について語りだすととまらないので、この辺で。
 
そんな、吉井和哉が率いるイエローモンキーのベスト『イエモン-FAN’S BEST SELECTION』が7/31に発売されるわけですが、
今回のベストはファンの投票によって選曲されたもの。
ですが、実際は既存のベストとそんなに大差の無い選曲となっております。
 
01. 悲しきASIAN BOY
02. パール
03. 太陽が燃えている
04. プライマル。
05. WELCOME TO MY DOGHOUSE 2013
06. 追憶のマーメイド
07. BURN
08. SPARK
09. 楽園
10. 真珠色の革命時代~Pearl Light Of Revolution~
11. SO YOUNG
12. 天国旅行
13. SUCK OF LIFE
14. 花吹雪
15. JAM
16. バラ色の日々
 
それで、初回限定盤には特典DVDが付いてくるのですが、その内容が何ともファン向け。
約120分にもおよぶ、デビュー時から活動休止までにバンドが出演したテレビ番組の映像なのです。
 

 
01. メンバーインタビュー 1992.2.1 テレビ埼玉「SSC」
02. Romantist Taste 1992.5 テレビ埼玉「SSC Live」1992.4.21 at大宮フリークス
03. SLEEPLESS IMAGINATION 1992.12.21 テレビ埼玉「SSC Live」中津川雅彦フォークジャンボリー
04. メンバーインタビュー 1993.5.24 テレビ埼玉「ROCK WAVE」
05. 吉井和哉&廣瀬洋一 スピリチュアル・カウンセリング 1993.8.12 スペースシャワーTV「GEE!」
06. NACK5 “MIDNIGHT ROCK CITY” 密着 1994.11.3 tvk「LIVE Y」
07. “LOVE COMMUNICATION” MV撮影密着 1994.12.8 tvk「LIVE Y」
08. THE YELLOW MONEY ~ アバンギャルドで行こうよ 1994.11.10 / 11.24 / 12.1 tvk「LIVE Y」1994.10.30 at NISSIN POWER STATION
09. コロムビア社長訪問 1995.2.2/2.9 tvk「LIVE Y」
10. LOVE COMMUNICATION 1995.2.4 NHK「POP JAM」
11. アルバム「smile」全曲解説 1995.2.23 tvk「LIVE Y」
12. SEE-SAW GIRL 1995.6.1 中京テレビ「LOVE ROCKS THE FINAL WAVE」
13. アルバム「FOUR SEASONS」U.K.レコーディング密着 1995.6.29 tvk「LIVE Y」
14. 追憶のマーメイド 1995.10.13 NHK「POP JAM」
15. 夕焼けにドロップキック 1995.11.15中京テレビ「THE YELLOW MONKEY特番」
16. JAM 1996.4.3 NHK「POP JAM」
17. 楽園 1997.1.27 フジテレビ「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」
18. BURN 1997.9.5 NHK「POP JAM」
19. SO YOUNG 1999.5.21 日本テレビ「FUN」
20. バラ色の日々 2000.2.5 NHK「POP JAM」
21. THE YELLOW MONKEY WALKER 2000.8.5 スペースシャワーTV「THE YELLOW MONKEY特番」
22. JAM 2000.8.6 フジテレビ「MUSIC FAIR」
23. パール 2000.8.7 フジテレビ「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」
24. BRILLIANT WORLD 2000.12.30 TBS「CDTV SPECIAL LIVE 2000」
 
 
これはリアルタイムで”辛うじて”追ってこれなかった僕にとってはすごく嬉しいです。
 
2004年に解散して以来、ずっと再結成を望む声が絶えないバンドですが、最近はメディアの前で四人で顔を合わせる機会があったりと、ますますその声がヒートアップしてきています。
僕はとりわけ再結成を望んでいるかと聞かれたら、素直に首を立てに振れないのも事実。
人間は誰しも変わってきますし、やりたいことも、やれることも勿論変わってきます。
 

最近の投稿

出張買取エリア