Posts Tagged 漫画

HITMAN

月曜日, 11月 25th, 2013 | Permalink


エーブックスタッフの水野です。

先日、偶然近所の本屋で『HITMAN』というアメリカの漫画(通称アメコミ)を見つけました。
3000円と値段は決して安いものではないのですが、
「ゴッサムシティを舞台にした、二流・三流ヒーローたちの銃弾にまみれた日常。」
という帯のコピーを見てこれは面白そうだと思い、
また以前からアメコミを読んでみたいと思っていた為、買ってしまいました。
 
hitman
 
物語の舞台となるゴッサムシティとは、ご存知、スーパーマンと双璧をなすDCコミックス界の看板漫画『バットマン』の舞台でもあります。
この漫画は、ゴッサムシティでバットマンがヒーロー活動をしているその裏の話であります。
二流・三流ヒーローとありますが、彼らの中には正義や悪といった概念は存在しません。
金次第でどんな汚い仕事も請け負うアウトローなのです。

この漫画の主人公はその名もヒットマン(暗殺者)ことトミー・モナハン
見た目も、薄汚い深緑のコートに短髪の無精髭の黒サングラスと、ヒーロー然としていません。
彼の中のヒーロー的な要素といえば、吸血エイリアンに噛まれたことにより発症した超能力です。
その超能力とは、透視能力と読心術なのですが、その使い方も女性の服の中を覗いたり、読心術でナンパしたりとかなりしょうもないです。
性格も大雑把で適当、普段は友人と酒飲んでポーカーして冗談を言い合っているただのオッサンです。
ただ、暗殺者としての腕は一流で、また徹底した仕事ぶりで相手に容赦ありません。
ただし、モナハンの中では悪人以外は殺さないというルールがあり、友人たちへの義理も厚いです。

物語の中ではバットマンも出てきます。
あのバットマンが汚いアパートや薄汚い裏通りに突如現れる感じがとても恐ろしく描かれており、どんな悪人も黙っちゃう感じがとても出ています。
そういう一般人の視点から見たバットマンも描かれており、すごく良かったです。
 
そんなバットマンですが、彼からすればヒットマンはただの犯罪者に過ぎないので(というより誰から見てもそうですが)、当然、敵対関係になっております。
モナハンはたびたびバットマンから追われる立場になるのですが、
モナハンにしてみればバットマンは悪人ではないですし、ゴッサムシティの私刑人である彼と敵対して得などありません。
 
この漫画に収録されている話には、モナハンがジョーカーの暗殺を請け負う話もありバットマンファン的にも必見でしょう。
また、地獄に堕ちたナチスのSS将校5名を合体させたモンスター『マウザー』や、
シャム双生児でありその片方が死んでいるマフィアのボス『モーダブルズ』、
両腕に鉄板を装備したヒーロー『ナイトフィスト』、
通称マイアミの冷血鬼と呼ばれる天才的な殺し屋『ジョニー・ナヴァロン』、
やり手のテキサスの保安官『ハリディ』、
馬鹿デカイ巨体に馬鹿な脳みそのチンピラ宇宙人『ロボ』
自称ヒーローのただの酔っ払いたちで結成されたヒーロー集団『セクション8』・・・
などなど魅力的なキャラクターがいっぱい登場します。

こう見てみると、主人公も超能力者だし、敵も宇宙人やらモンスターやらヒーローやらで、SFヒーロー漫画のように見えますが、決してそうではありません。
クエンティン・タランティーノから影響を受けたといわれている独特な台詞回しや、
ハードボイルドな世界観、そしてその出来事の殆どがゴッサムシティのとある裏通りの話、
というところからして、ダーティ過ぎてとてもじゃないがヒーローアクション漫画と言えません。

しかし、日本の漫画と違うのが、イケメンが一人もいないのです。
日本ですと10人キャラクターがいれば、7、8人はイケメンや男前だったりするのですが、
この漫画では、10人中10人が不細工です。
大体主人公のモナハンですらブ男です。
しかし、どんなに不細工でも「カッコいいな~!」と思ってしまう彼の渋さが最高です。
そうです、アメコミには日本の漫画にはない渋さがあるのだと思います。

そこは文化の違いなのかもしれないですが、日本の漫画はよく出来た筋書きだったり、綿密に練られた設定だったり、オリジナリティがある世界観だったり、そういったものが面白いとされている傾向がありますが、
アメコミの(そういうのは二の次で)、シンプルに”カッコいいモノ”とは何かということを魅せようとするスタンスが僕は好きだと思いました。
 
美少年や美少女ばかりの日本の漫画に飽きたら、一度アメコミを読んでみるといいかもしれません。
 

萩尾望都

月曜日, 4月 1st, 2013 | Permalink


エーブックスタッフの水野です。

漫画家の萩尾望都の最新作となる『AWAY―アウェイ―』が、4月27日に発売される月刊flowers6月号(小学館)から2号連続で掲載されるそうです。
 

 
萩尾望都(はぎわらもと)という漫画家は、僕が好きな唯一の少女漫画家です。
 
やはりどうしても淡いラブロマンスや、トーマの心臓のような同性愛モノのようないかにも少女漫画!というのはどうも苦手なのですが、彼女はそれだけではなく、SFやファンタジーやサスペンスの作品も多く描いているのです。
 
僕が特に好きなのは『ポーの一族』という吸血鬼の話です。
“永遠に子どもである子ども”を描きたいという気持ちで描いたそうなのですが、まさに子どもの無邪気さで、人の命を食って生きてゆくというのがすごく衝撃的でした。
主人公である吸血鬼の少年エドガーが妹のメリーベルを必死で守ろうとし、そのためだったら手段を選ばないという姿が何とも切ないのです。
永遠の時を生きて行けるという条件であれば、逆に命の重みが増すというか、永遠の時を生きてゆけるが故に、パートナーが死んでしまったら永遠に一人で生きていかなければならないのです。
そのためにエドガーも必死で理解しあえる友人を探すのです。
やはり長い時を生きていれば、姿は少年でも考えることは大人でして、すること、考えることが残忍なのです。
子どもが、手馴れた動作で猟銃を構える姿は、不思議と絵になるものです。
出てくる登場人物も個性豊かで、エドガーは悪い行いばかりし、当然吸血鬼であるから、人間の血を吸い、命を奪うのですが、そんなエドガーを許すまいと誰もが思うのだが、誰もがその美しさだったり、危ない雰囲気に魅了されてしまうという、少女漫画ならではのオチも良い意味で期待通りで良いです。
読後感が、小説を一冊読んだような感覚で読み応えがかなりあります。
 

 
それと面白かったのが『11人いる!』という漫画です。
まず世界設定が少女漫画の枠を遥に超えているのです。
wikipediaから引用します。
 
ワープ航法と反重力推進の発明により、地球人類は宇宙へと進出を果たしている。200年の間に51の惑星を開拓したが、異星人の遺跡の発見、および異星人とのファーストコンタクトを経て団結する必要に迫られ、総合政府・テラを樹立する。
その後、サバ系、ロタ系、セグル系の3大国で構成される星間連盟に、地球および周辺惑星もテラ系として加盟。400年の時を経てロタ、セグル、サバに次ぐ国力を獲得した。異なる種族間同士の遺伝交配はロタ系を除き可能。

 
まずこの説明だけでは何のことか全く分からないのですが、気になる人は是非チェックしてみてください。
あらすじはタイトルの通り。wikipediaから引用します。
 
宇宙大学の受験生の1人、タダトス・レーン(主人公・タダ)は、最終科目の実技“各自のテスト場において集団で協調し、53日間を過ごす”を、10人構成のチームで外部との接触を断たれた宇宙船・白(はく)号において受験することを言い渡される。だが白号に集合した受験チームは1人多い11人だった。この不測の事態にあっても非常信号の発信ボタンを押せばチーム全員が不合格になるため、11人は互いに疑惑を抱きながら規定の53日間を過ごすことになった。
 
この設定だけでもう面白そうなのですが、実際に面白かったです。
映画のような漫画でした。
 
『11人いる!』もそうですが、萩尾望都の作品はどれもタイトルがすごくカッコいいのです。

少女漫画を描く人は、なかなか『漫画家』という肩書きで呼ばれることは少ないと感じます。
おそらくほとんどが『少女漫画家』と呼ばれているのではないでしょうか。
しかし、萩尾望都はおそらく『少女漫画家』より『漫画家』という肩書きの方が合っているでしょう。

009 RE:CYBORG

月曜日, 11月 19th, 2012 | Permalink


エーブックスタッフの水野です。
先日、夜テレビでエヴァンゲリヲンの映画がやっていたようですね。
僕は知らずに見逃してしまったのですが、どうやらエヴァンゲリヲンの新作が11/17に公開されたようで、僕の周りでも友達が騒いでいます。
恥ずかしながら僕はエヴァンゲリヲンというアニメ、テレビアニメバージョンの3話くらいまでしか見たことなく、当然映画も見たことないのでこのことに関してはちょっと話を触れられないので、この話はスミマセンがパスします。
そんなSF漫画(アニメ)の黙示録モノ(そんなジャンルないか・・・)といえば、サイボーグ009が僕好きなんですが、今年リメイクされて先月から公開中の模様です。
石ノ森章太郎の未完の傑作サイボーグ009を『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズ、『東のエデン』の神山健治監督が2012年の現代に蘇らせた『009 RE:CYBORG』!
普通こういうブログは見てから書くものですが、最近忙しくて体調も崩していて、見に行けていないのですがYoutubeのトレーラーを見てみると何だかすごそうです。
 

 
オリジナルのサイボーグ009とは別物として見た方が良さそうな雰囲気がバンバン伝わってくるが、寧ろリメイクするならこうでなくちゃ、というような正に新世紀型009!
キャラクターも現代風にアレンジしてあります。003がセクシー路線なのはビックリ。
 
サイボーグ009の僕の好きなところといえば、キャラクターのかっこよさです。
まずルックスがかっこいい。深紅のスーツに黄金のマフラー。様々な人種のキャラクターたち。
全員が元々は人間だったが、この世からいなくなってもいいという理不尽な理由(いや理由もないか)から戦争を商売とする秘密結社ブラックゴーストに拉致されて改造されてしまった悲しきヒーローたちです。
主人公である日本人009(ジョー)は正義感が強くてリーダー気質だが、真面目で情に熱いところから敵に同情してしまったりするという心の弱さを持っている。00ナンバーの中では最新式のサイボーグで当時の最先端の加速装置が搭載されており、奥歯のスイッチを噛むと、一定時間、音速で動ける。
ドイツ人004(ハインリヒ)は通称死神。指一本一本がマシンガンになっており、もう片手はナイフになっている。腹には核爆弾があり、膝からはバズーカー砲が飛び出るまさに全身武器の戦闘兵器。こいつがシブイ。シブすぎる。激シブです。敵に同情してしまう009の心の甘さを指摘したりするのも彼。
00ナンバーのメンバーの中ではおそらく一番のタカ派で、戦いの時は勿論前線で突っ込むが、時には参謀としてメンバーに指示も下す。戦闘兵器としては最強だが、それ故に愛する人間に触れることが出来ない体で、そこが泣ける。
アメリカ人002(ジェット)はヤンチャキャラ?というか009の良き先輩ってところか。足からのジェット噴射で空を飛ぶことが出来て、前線でよく戦っているイメージ。色んな話でよく借り出され、よくケガをしているイメージ。
フランス人003(フランソワ)は009に密かに思いを寄せる紅一点。戦うことが嫌で、自分がサイボーグであるということを受け止められないでいる。視力と聴力がずば抜けていて、透視能力を持っているが、それ故に聞きたくない戦争の悲鳴が絶えず聞こえてしまう。
ロシア人001は赤ん坊。天才的な知能を持っており、テレパシーも使える。調子の良い時はテレポートも出来る。ただ体は赤ちゃんなので体力が無く、能力を使うと眠ってしまい、しばらくの間は起きない可愛い子。
ネイティブアメリカン005(ジェロニモjr)は人種のせいで仕事が貰えず、雇われるという形でサイボーグに改造されてしまった。バトルでは大抵みんなの盾になっている。彼に関するエピソードは少ない気がする。
中国人006(チャンチャンコ)は中華料理屋を経営していたが不景気による借金地獄で自殺しようとしていたところをブラックゴーストに拉致されサイボーグに改造された。みんなが任務に出かけている時の留守番役が多い気がする。
イギリス人007(グレートブリテン)は売れない役者で何にでも変身できる能力を持っている。
ムードメーカーであり、確かサイボーグとして戦う日々を日記につけていた。
そのキャラクターと、能力の幅の広さから出演回数は多い気がする。
アフリカ人の008(ピュンマ)は元々黒人奴隷で、解放する条件に改造されてしまった(騙されて)。彼は水中で活動できる。あまり活躍の場面は少ないが、元々黒人で人種差別されてきて、次にサイボーグになり、さらに次に半漁人アーマーに改造されるという悲劇の男。容姿のせいで差別されてきたが故に深い悲しみを負うが、004に「俺は全身が武器だ。誰か触れることも出来ない」と言われ、涙を流すというエピソードが泣ける。
 
もう知ってるよ、との声が聞こえてきそうな中、かなりダラダラと書いてしまいましたが、彼らの他にも敵キャラクターも悲しみを背負っていたりして、泣ける。
人の弱みに付け込みサイボーグにし、戦争を起こしそれで商売をする憎きブラックゴーストから、ギリシャ神話の神々とまで戦うサイボーグ戦士たち。
“悲しい運命を背負いながら立ち向かう”という分かりやすいカッコよさが痺れるのです。
ハリウッドよろしく分かりやすいヒーロー像。
009 RE:CYBORGはどうやらストーリーもオリジナルのようで、僕も早く見たいです。
 

最近の投稿

出張買取エリア