Posts Tagged 愛知県での1963年少年キング出張買取

【おも本紹介】魔犬五郎は時速300キロで走りました。

木曜日, 8月 22nd, 2013 | Permalink


1963年、警視庁は世にも素晴らしい魔犬を開発していた。

というのは漫画のお話。

魔犬五郎 扉絵

少年キングに連載されていた笹川ひろし作「魔犬五郎」のことです。
こちらが魔犬五郎のメカの秘密。

魔犬五郎 メカの仕組み

速度は時速300キロ。夢の超特急より早く、
チカラは大型戦車にも劣らず、
ジャンプは50メートルは軽く、
目はサーチライトのごとく光り、
鋼鉄をもとかす二千度のむらさき色の火をふきだし、
耳はレーダーのごとく遠方のかすかな音もききわけ、
鼻はどんなにおいもでもかきわける、
そして魔犬のキバは銃やナイフなど軽くかみくだく、
足の爪は岩でもくだいてしまうのだ
もちろんマシンガンの弾丸などびくともしない

魔犬五郎のワザ

そうです。

体内にはトランジスタテレビ送受信機、うそ発見器なども。
でも、音を録音するのはテープレコーダーというところが、昭和30年代という感じですね。

少年キング1963年4号

最近の投稿

出張買取エリア