Posts Tagged ロバート・デ・ニーロ

コラテラル

月曜日, 8月 5th, 2013 | Permalink


エーブックスタッフの水野です。
 
クエンティン・タランティーノ監督の『ジャンゴ ~繋がれざる者~』がもうすぐレンタルされるそうです。
 
先日、そのジャンゴの主演であるジェイミー・フォックスの出演しているマイケル・マン監督の映画『コラテラル』を見ました。
 
マイケル・マン監督の映画は、ウィル・スミス主演『ハンコック』と今回見た『コラテラル』の二作のみしかまだ見たことがありません。
本当はアル・パチーノとロバート・デ・ニーロの『ヒート』を見たかったのですが、
近所のレンタル屋に何故か無く、まず手始めにと監督初の興行収入1億ドル作品である『コラテラル』を見ました。
 
collateral
 
あらすじ
平凡で真面目なタクシードライバーのマックス(ジェイミー・フォックス)は、
ある夜「ヴィンセント(トム・クルーズ)」と名乗るビジネスマン風の客を拾う。
目的地に着くと、ヴィンセントはマックスの生真面目さを買い、
マックスにタクシーの貸切りを持ちかけて来る。
はじめは「貸切りは規定違反になる」と断るマックスだが、
ヴィンセントの強引さと600ドルの誘惑に負けて、これを引き受けてしまう。

(wikipediaより)
 

 
まずトム・クルーズが悪役です。
僕のイメージではトム・クルーズは、いかにも日本人受けしそうなイケメンでどちらかというとヒーローのイメージの方が強かったのですが、コラテラルでは冷酷な暗殺者の役です。
そういえば、昔『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』という映画でも悪役をやっていたな。美しく残虐な吸血鬼の役で、マッチョでたくましく健康的なトム・クルーズのイメージとは180度違い驚いたものです。
コラテラルのトム・クルーズは、従来のイメージとも、そんな吸血鬼のイメージともまるで違う風貌。
ヴィンセント(トム・クルーズ)の年齢設定は分からないですが、白髪交じりの短髪に白髪混じりの無精ヒゲで、実年齢よりだいぶ若く見える彼ですが、逆に言うと歳相応(若干上かな)の風貌。
冷酷で、感情がないようでいて、すごくいやらしい、はっきり言って怖いです。
 
映画を通して、なんとしてでも任務を遂行しようとするそのプロフェッショナル感が、とても良い味出しています。
 
 
ジェイミー・フォックスがまた良い役を演じているのです。
彼はタクシー運転手のマックスという役で、それはもうとても親切で客に優しい。
おまけに、ロサンゼルスの街を熟知しており、目的地まで最短最速な最適のルートで、しかも予想時間を外すことなく到着できる。
12年のキャリアで培った勘なんでしょうが、実は彼にはこのタクシー会社をやめて独立し、他にはない最高級のリムジン・サービスの会社を作るという夢があります。
何というか絵に描いたように好印象な男なのです。
真面目に仕事もこなしているが、もっと大きな夢を追っている。
でもいかんせん気弱で、あまり自身が持てていない。
 
そんなマックスがヴィンセントを第一の目的地に送り届け、彼が戻るのを待っている時に、サンドウィッチをパクつきながら 「(俺の夢は)これなんだ・・・」 とポルシェのカタログを眺めているのですが、その姿がなんとも健気で、応援したくなるのです。
 
そこで彼に最悪の運命が押し寄せるのです。
なんというかマックスがかわいそうでかわいそうで・・・
でもそんな彼に悪夢を見せる酷いヴィンセントですが、的確に仕事をこなしてゆく姿が何だか渋くてかっこよくも見えるのです。
 

ロバート・ロドリゲス

月曜日, 1月 28th, 2013 | Permalink


エーブックスタッフの水野です。
 
以前、クエンティン・タランティーノの映画について触れましたが、その相棒的なイメージがあるロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー』、『マチェーテ』を見ました。
ロバート・ロドリゲスは、ファミリー向けSFアドベンチャー映画『スパイ・キッズ』シリーズや、B級サスペンスホラー『パラサイト』や、アントニオ・バンデラス主演のアクション映画『レジェンド・オブ・メキシコ(デスペラード)』シリーズが有名なのではないでしょうか。
 

 
プラネット・テラーは、クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスが、古いB級映画ばかりを上映していたグラインド・ハウスという映画館に敬意を込めて、そういう映画を現代に作ろう!という企画の2本立て映画『グラインドハウス』(Grindhouse)の一編です。
ジャンルはアクションゾンビモノです。
でもホラーな要素はあまりなく、どちらかというとコメディな感じ。
ただ、頭が吹っ飛んだり、体が滅裂に引き裂かれたり、グロテスクな描写が終始続きます。
おバカなアイデアを真面目にやっている感じが面白かったです。
あらすじ(wikipediaから引用)
テキサスの田舎町のある夜、J.T.(ジェフ・フェイヒー)のバーベキュー・レストランにやって来たゴーゴーダンサーのチェリー・ダーリン(ローズ・マッゴーワン)は、元恋人の解体屋レイ(フレディ・ロドリゲス)と再会した。その頃、軍の部隊長マルドゥーン(ブルース・ウィリス)と生物化学の科学者アビー(ナヴィーン・アンドリュース)の取り引き中に、生物兵器DC2(コードネーム「プロジェクト・テラー」)のガスが噴き出してしまう。町中にDC2が拡がり、感染者がゾンビと化して人々を襲い始めるのだった。
・・・何というか、このあらすじだけでは何のことか全く分からないほどバカバカしいです。勿論、良い意味で。
 
アクションシーンは流石で、テンポよく、アナログ派のタランティーノに対する、デジタル派のロドリゲスらしく、見ていて気持ち良いです。
ただ、グラインドハウスのもう一編、『デス・プルーフ』が良すぎただけに、どうしても見劣りしてしまいそうですが、デス・プルーフがシリアスでハラハラドキドキのパニック系アクションだったので、それに相対する、おバカでくだらないホラーアクションのプラネット・テラーだと思えば、ちゃんと役割をこなしていて良いのかもしれません。
 
 

 
マチェーテは、メキシコとテキサスを舞台としたバイオレンスアクション。
この映画はもともと上記のグラインドハウスの公開時に作られた偽物の予告編(映画の雰囲気を出す為に作られた架空の映画の予告編)だったのですが、実際に作ったというもの。
元々、ロドリゲスの中で温められていたアイデアだったらしく、これぞロバート・ロドリゲスって感じな映画に仕上がっています。
 
あらすじ(wikipediaから引用)
メキシコの連邦捜査官のマチェーテは、マチェーテを愛用して犯罪者を狩る凄腕の男だった。だが、その強い正義感ゆえに麻薬王トーレスと衝突し、妻娘を惨殺される。
それから3年後、マチェーテはアメリカのテキサスで不法移民の日雇い労働者をしていた。ある日、マチェーテはブースという男から不法移民嫌いで知られるマクラフリン議員の暗殺を依頼される。

 
メキシコ系アメリカ人のロバート・ロドリゲスらしい、ラテン感溢れる空気と、デンジャラスなアクションが爽快な映画でした。
何といっても役者が良かったです。
主役のマチェーテを演じるダニー・トレホは本当にこの役の為にいるんではないのかというような印象。不器用で過激だが実は優しい正義漢がピッタリでした。
それに、悪役の一人、メキシコからの移民を弾圧する上院議員マクフラリン役は、何とロバート・デ・ニーロ
ヒロインの一人、マチェーテを捜査するI.C.E捜査官サルタナを演じるのは、ジェシカ・アルバ
もう一人のヒロインである、普段はただのタコス売りだがその正体は移民のために戦う女革命戦士ルースを演じるのは、ミシェル・ロドリゲス
更にもう一人のヒロインをリンジー・ローハン
悪役の一人、メキシコからの移民を狩る男をドン・ジョンソン
そして、悪の大玉、麻薬王トーレスを演じるのは、何とあのスティーブン・セガール
何を隠そうセガールが悪役を演じるのはこの映画が初めてだそうですが、その割りにはすごいハマっていました。
あの見るからに強くて恐そうな顔、銃弾も跳ね返しそうな屈強な体格、そして溢れ出ている胡散くさい雰囲気・・・よくよく考えてみれば、悪役の方が合っている気がします。
 
役者はみんな最高で、ストーリーも良かったのですが、何よりテキサス/メキシコの殺伐とした雰囲気を分かり易いイメージで描いていて良かったです。
 
このマチェーテは、続編となる『マチェーテ・キルズ(邦題/殺しのマチェーテ)』が今年公開される予定(日本では来年か?)でとても楽しみです。
 

最近の投稿

出張買取エリア