Posts Tagged フランス

Watcha Clan

月曜日, 4月 29th, 2013 | Permalink


エーブックのスタッフ水野です。
タイから帰国しまして、現地と日本の空気感にギャップがあり過ぎて、まだ精神的にフワフワしております。
 
暑いところはやはりゆったりとした音楽が合います。
カンチャナブリのレゲエバーは最高でした。
日本から帰ってきた今も、暑さを感じるような音楽ばかりを聞いている気がします。
 
ちょっと違いますが、最近ハマっているのが、『Watcha Clan』というバンド。

ワッチャ・クランは僕も詳細は分からないのですが、フランス出身のダンス・ミュージックバンド。バンドというよりユニット?グループ?の方がしっくりくるかもしれませんが、公式サイトにはバンドと書いてあったので、バンドと書きます。
メンバーは女性ボーカルのSista K、サンプリングのSuprem Clem、主にギターのNassim、主にベースのMatt Labesseの四人。(発音がよく分からないので英語表記にしました)
 
このバンドはバルカン半島に伝わる音楽、通称バルカン・ビートを基調としたダンス・ミュージックを奏でるのですが、そのバルカン・ビートが僕はすごい好きなのです。
平たく言うと、ウン・チャチャ・ウン・チャ、ウン・チャチャ・ウン・チャ…というリズムなのですが、これをズンズンとした四つ打ちのビートに乗せると、むちゃくちゃ踊れるのです。
僕は昔から、コロブチカやカリンカ・マリンカ、カチューシャなどのロシア民謡や、シャロームやマイム・マイムなどのイスラエル民謡の様なメロディが大好きで、バルカン・ビートはそれに共通するようなメロディを持っている気がするのです。
何か共通するルーツを持っているかもしれないんで、もっと調べたいところです。
 

 
ワッチャ・クランを最初に聞いてビビっときたのが、そのビートやメロディもそうですが、あくまでメインが歌にあるというところです。
僕は楽器のプレイヤー、殊にバンドの演奏者というのは役者だと思っておりまして、さらに“歌”となると“言葉”という直接訴えかけるものがあるので、特にそうだと思うのです。
誰もがかっこよく見えるように演技をしているのですが、このシスタKというシンガーは抜群の演技力を持っているように感じられたのです。何語で歌っているのか分かりませんが、そのエキゾチックな歌に痺れました。
このバンドで良いところは、メンバーのルックスもいいのです、シスタKは言わずもがな、サンプリングのシュプリムクレムも砂漠の民族衣装のようなものを着ており、そういう分かりやすさもすごく良いと思いました。


 
日本でライブがある際にはぜひ見に行きたいのですが、調べたところ一回だけ日本に来たことがあるようです。
それはライブツアーでもなければ、フェスへの出演でもなく、なんと東京日仏学院というところのイベントに呼ばれてライブをしたようです。
次に日本でライブをやる時は絶対に見に行きたいのですが、名古屋は来ないかな。
 

タランティーノ!

月曜日, 1月 7th, 2013 | Permalink


あけましておめでとうございます。エーブックスタッフ水野です。

2013年になりまして、今年も気になる映画が目白押しです。
去年はあまり映画を見に行かなかったので、今年はたくさん見たいです。

その中でも一番楽しみなのが、
クエンティン・タランティーノ監督の『ジャンゴ ~繋がれざる者~』
2013/3/1(金)より公開されます。

僕はこのクエンティンタランティーノ監督が大好きです。
大胆な暴力描写、延々と続く全く意味のない会話、間抜けでシュールな空気、漂う哀愁、この上なくスカッとするエンディング・・・笑ってしまうし、かっこよさで感動する。
脳味噌で考えることを忘れ、無心で見てしまう。
スナック菓子やファストフードをつまみながら片手にコーラ、
ゲップの合いの手を入れながら見るのが、おそらくタランティーノ映画のスタンダードな見方でしょう。

タランティーノ監督の映画は、彼の映画趣味が随所に散りばめられていて、パロディやオマージュで成り立っているような映画だったのだが、前々作のデス・プルーフ(in グラインドハウス)から少し変わった印象を受けた。
ちょっと偉そうな感想ですが、少し映画監督として成長したというか、やっと映画らしい映画を作ったなといった印象でした。
 
デス・プルーフは、一応ホラーになるのでしょうか。
殺人鬼も、カースタント用の車で人を殺すという新しいタイプ。
お得意の暴力描写はスタイリッシュで爽快なものから、グロテスクで残虐なものに。
それでいて彼の作品独特の意味のない会話も延々と続く。
後半の、改造車vs改造車、スタントマンvsスタントマンのカーチェイスはすごかった。
ラストは最高。THE ENDの文字が出てきた瞬間、爽快感で爆笑。痛快すぎます。
話もコンパクトにまとまっていて良かった。

その次のイングロリアス・バスターズも良かった。
ナチスに復讐するユダヤ人の話なのだが、主役はあのブラッド・ピット。
ブラッドピットの胡散臭さが良かった。そして、ナチスSSのハンス・ランダ大佐が最高。
もうすぐ公開されるジャンゴにも出演している、クリストフ・ヴァルツが演じているのだが、本当に冷酷で残虐で抜け目なくて、顎の出た独特の顔も相成ってかすごくいいキャラをしていた。
第二次世界大戦のナチスもので、史実というものがある故にストーリーは大体見えてしまいそうだが、最後は最高だった。こうなるとは予想しなかったです。
さすがタランティーノって感じでした。

この二作品はタランティーノの映画としてではなくても、映画として純粋に面白いと思えるのではないでしょうか。いや、作風が作風なだけに賛否両論ありそうか。

そして、今回は西部劇です。
ディープサウス。解放奴隷のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)がドイツ系賞金稼ぎのドクター・キング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)と共に、サディスティックでフランスかぶれの農場主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)に立ち向かい、奪われた妻のブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を救おうとする。(wikipediaより)

悪役にはなんとあのディカプリオ。
ディカプリオはロミオ+ジュリエットやタイタニックなどの大ヒットにより、日本ではアイドル的なイメージが強いですが、実際は色んな役に挑戦しているいい役者だと思います。
色んな監督が欲しがる理由も分かる気がします。
近年はマーティン・スコセッシとタッグを組んだり、渋い映画が多いです。
それに、イングロリアスバスターズで最高の悪役を演じたクリストフ・ヴァルツは今回主人公をサポートする良い役の様子。
主役のジャンゴを演じるジェイミー・フォックスはどちらかというと真面目な映画に出ている印象の方が強いですが、今回はどんな演技をしてくれるのか見物です。

最近の投稿

出張買取エリア