Archive for the スタッフ 水野 Category

ワールドミュージック・アルゼンチン代表、フェデリーコ・アウベレ

月曜日, 7月 14th, 2014 | Permalink


エーブックスタッフの水野です。
 
明日7/14の4:00から、ワールドカップ2014の決勝であるドイツvsアルゼンチンの試合が行われます。
僕はサッカーに関してほとんど無知で、サッカー好きの父親と住んでいた時は一緒に見たこともありましたが、今は全くです。
今回のワールドカップも日本vsコロンビアの試合だけテレビ(しかも再放送)で見たくらいです。
しかし、なぜか試合結果だけは一応追って確認しており、決勝がヨーロッパ対決(オランダvsドイツ)になるのか、南米対決(ブラジルvsアルゼンチン)になるのか、それともヨーロッパvs南米になるのか、気になっておりました。
それで決勝がドイツvsアルゼンチンに決まり、僕の中でサッカーと関係のないことで小さな盛り上がりがありました。
 
 
サッカーに関して無知な僕が、国の名前を聞いて思い起こすのはその国のミュージシャンのこと。
ドイツにはいろいろな有名なミュージシャンやバンドがいます。
今やドイツの文化人(らしい)ブリクサ・バーゲルト率いる鉄筋前衛ノイズ音楽バンド、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン。
日本人アーティストであるダモ鈴木が在籍したサイケ、プログレ、アヴァンギャルド系バンド、CAN。
奇声とオペラ風ファルセットを多用し、奇抜なメイクとエキセントリックなキャラクターで美人を台無しにすることで有名なニーナ・ハーゲン。
こう考えると何だかちょっとアヴァンギャルドな人が多いな。
ワールドミュージックを聞くようになってからは、僕の中でドイツといえば、シャンテルやロベルト・ショコらが作り上げたバルカン音楽、ジプシー音楽をダンスミックスした『バルカン・ビート』と呼ばれる音楽のイメージがあります。
 
 
一方、アルゼンチンといえばアルゼンチン・タンゴ。
そのアルゼンチン・タンゴというジャンルに括られるのかは分かりませんが、最近ハマっているのがフェデリーコ・アウベレというミュージシャン。
前置きが長くなりましたが、今回は書きたかったのはこのフェデリーコ・アウベレ(federico aubele)についてです。
フェデリーコ・アウベレはアルゼンチン出身のシンガーソングライターです。
今年で40歳ですが、27,8歳に見えます。ルックスもイケメン。
日本ではあまり知られていませんが、アルゼンチンでは有名のようです。
アウベレのCDを始めて聞いたとき、その良さに気付くまでに少し時間がかかりました。
というのも、今まで僕が聞いてきた音楽に比べ、彼の音楽はちょっと大人過ぎたのです。
なんというか、今まで聞いたワールドミュージックはノリが良かったりビートが効いていたり、またメロディがエキゾチックだったりと、比較的聞きやすいものが多く、またワールドミュージック以外でも(主に色々聞いたロックミュージックですが)どちらかというと分かりやすいものの方が好きな傾向がありました。
 

 
アウベレの音楽を友達から初めて聞かせてもらった僕の最初の感想は「何かエマニエル夫人みたいだな」というくらいでやはりその大人過ぎる音楽に一発でハマるということはありませんでした。
しかし、繰り返しCDを聞いていると一つ発見したことがありました。
「もしかしたらこれは昭和歌謡なんではないだろうか?」
僕はワールドミュージック、ロックの他に昭和歌謡も好んで聴いているのですが、その昭和歌謡と共通するような音楽性があると思ったのです。
森進一や五木ひろしや野口五郎などのムード歌謡に似ているのです。
日本の昭和歌謡は、ビートルズなどのロック、ポップスサウンドが輸入される前は、ラテンミュージックの影響があったといわれているみたいです。
コード進行などもラテンミュージック的なものが多いですし、そこに古くからの日本民謡のコブシのようなものを加えたのが演歌だったりするのでしょう。
といっても、僕が好きな昭和歌謡は、郷ひろみや沢田研二、山本リンダやピンクレディーやキャンディーズ・・・といった分かりやすいもので、ムーディな渋い大人の世界の歌謡曲は特に・・・って感じでしたので、この昭和歌謡との共通点がアウベレにハマるきっかけになったワケではありません。
  
僕がハマったのはおそらく大好きな映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』の影響が大きいでしょう。
あの映画の前半のアルゼンチンの乾いた風や広がる山々といった風景が何とも美しく感じられ、アウベレの音楽にはその美しさがあると感じたからです。
最近僕が南米に憧れるのはこのモーターサイクル・ダイアリーズとフェデリーコ・アウベレの音楽によるものが大きいです。
 

 
アウベレの最新作は去年の8月にiTunesStore(データ)で販売された『5』です。
僕はまだ聞いていないのですが、是非CDアルバムとして発売してほしいです。
1,2曲聴いてみると名盤臭が半端ないです。
 

 

おそらく初?本格的なゲームミュージックの歴史をまとめた本

月曜日, 7月 7th, 2014 | Permalink


ゲームミュージックに焦点を当て、その歴史を追ってゆく書籍『ゲーム音楽史 スーパーマリオとドラクエを始点とするゲーム・ミュージックの歴史』が7月25日に発売されるそうです。
そのタイトル通り、ゲーム・ミュージックの歴史について語られ、植松伸夫氏、古代祐三氏、崎元仁氏ら著名なゲーム音楽作家のインタビューも掲載されます。
こういうゲーム・ミュージックの歴史についてまとめた本というのは今までなかったのではないでしょうか?
 
僕はあまりゲームミュージックに詳しい方ではないのですが、音楽好きのゲーム好きではあります。
大人になってからは簡単にハマれるアクションゲームをやることが多いですが、子どもの頃はロールプレイングゲーム(RPG)をよくやっていました。
今考えてみると、好きなゲームミュージックはほとんどRPGのものが多い気がします。
 
ちょっと、パッと思いつく限りで、記憶に残っている僕が好きなゲーム音楽を挙げていこうと思います。
その前に以下に挙げられる曲たちには二つの意味合いが存在します。
一つは、単純に曲として好きなもの。
もう一つは、その曲から思い起こされるストーリーなどを加味したゲーム音楽として好きなもの。
 
 

 
まず、曲として最高にかっこいいのが、95年にスーファミで発売された『Romancing SaGa 3』の『Battle Theme』です。
僕は昭和歌謡も好きで、中でも都倉俊一作曲のものが大好きなのですが、この曲は都倉俊一が作ったピンクレディーの曲のようで最高にかっこいいです。
まず、メロディがクサい。
マイナー調で始まりBメロで弱冠泣きのメロディが入る感じが本当に昭和歌謡で、よく動くベースラインが強調されている感じが本当に都倉俊一。
 
 

 
完全に後者の意味合いで好きなのが、1997年にPSで発売された『Final Fantsy Tactics』の曲。
特に『Battle On Bridge』が好きです。
FFTは物理的な戦いであると同時に、思想的な闘いでもあると思います。
身分による差別や、戦争の裏に隠された秘密結社の陰謀、肉親の裏切りなど・・・
「Final Fantasy」という国民的RPGにしては少々ヘビーな内容の歴史モノでした。
この混沌とした戦いの世の中で、何が正しいのか、何をすべきなのか、戸惑いながらも前に進む主人公の、その覚悟を物語るような壮大な曲です。
この国の間違ったやり方が平然とまかり通る現実に対し、お前に一体何が出来て、何をするのか?という問いに「努力」としか答えられない主人公。
何ともいえない歯痒さを感じると同時に、報われなくとも真実へと突き進むその意志に感動しました。
 
 

 
記憶に残っている中で今聞いても「何て良い曲だ!」と思える曲で(つまり前者の意味合いで)パッと思いついたのが、1995年にスーパーファミコンから発売された『SUPER MARIO RPG』のボス戦の曲『Boss battle theme』(これで曲名あっているのか?)。
これをプレイしたのは丁度小学校一年か二年の頃だったと思います。
あのアクションゲームのマリオが今度はRPGになった意欲作で、ただのRPGではなく、ちゃんとマリオのアクションも活かされたシステムになっていて、すごくハマった記憶があります。
このボスバトルの曲は、当時からノリの良い曲でよく頭で流れていました。
そして、今、そうたった今、約18年以上ぶりにちゃんと聞いてみるとやはりむちゃくちゃ良い曲でした。
いつまででも聞いていられる曲です。
僕はワールドミュージックが好きなのですが、この曲には弱冠バルカンビート的なノリがあり、反応するポイントは小学生の頃から変わっていないんだな~っと思いました。
 
 

 
交互に書きます。
ゲームのストーリーや世界観を思い起こさせる名曲で忘れていけないのは、1997年にプレステで発売された『Final Fantasy 7』の『One Winged Angel』です。
この曲はおそらく日本のゲーム音楽の代表曲の一つなのではないでしょうか。
このゲームは、環境破壊や管理社会をテーマとしたSF的な内容なのですが、おそらく僕の人生史上一番ハマったゲームだと思います。
今改めてやってみると、この頃から原発問題などにも注目しており、この星の全てを支配しようとする人間の行き過ぎた発展に対するメッセージが込められています。
Final Fantsyはそれまでにも壮大な曲調のものは多かったですが、この曲はおそらくゲーム音楽では初めての本格的なコーラスが入っており、更にドラマティックになっております。
自らの隠された生い立ちがゆえに暗黒面に堕ちてしまった男、セフィロスの狂気が滲み出ています。
このセフィロスは主人公の宿敵であり、所謂ラスボスなのですが、実は彼自身が最新科学技術が招いた最大の被害者であるのがこの物語の憎いところ。
プログレ的な展開にドラマティックなコーラス、僕は思わずクイーンを思い出しました。
このゲームをやった3年後に僕はクイーンを聞いて衝撃を受けるのですが、僕はさっきも書きましたが、無意識のうちにゲーム音楽としてではなく、一つの曲として聞いていたのかもしれません。
 
 

 
さて、ゲームに関することを語ると長くなっているので最後の一曲は単純に曲として好きもの。
これは1994年にスーパーファミコンから発売された『MOTHER2』の曲です。海外では『earthbound』というタイトルで発売されています。
MOTHER2は、コピーライターの糸井重里によって作られたゲームで、音楽もゲーム音楽作家ではなく、ロックミュージシャンである鈴木慶一が担当しています。
どの曲を聞いても「天才!」と思わず唸ってしまうクオリティで、国内外問わず高い評価を得ています。
僕は中でも『Dusty Dunes Desert』というテキサスのハイウェイのようなステージで流れる曲が好きです。
乾いた空気、照り付ける日差しの熱気、ポツンとたたずむ店の窓は全部開け放ってあり、中のラジオの音が聞こえてくる、そんなイメージがよく表現されています。
 
 
さて、長々と好きなゲーム音楽について語ってしまいました。
『ゲーム音楽史 スーパーマリオとドラクエを始点とするゲーム・ミュージックの歴史』、読んでみたいです。

キーボーディスト 小川文明さん死去

月曜日, 6月 30th, 2014 | Permalink


日本のキーボーディスト小川文明さんが6/25に亡くなりました。
小川文明さんは、SMAP、光GENJI、少年隊、松浦亜弥、モーニング娘。などのアイドルをはじめ、44MAGNUM、MALTA、筋肉少女帯などのバンドでも、キーボーディストとしてライブやレコーディングでサポートし、時にはアレンジを担当することもあったミュージシャンです。
 
僕の中で彼といえば、ROLLY(ローリー寺西)のロックバンド『すかんち』で(活動時期は解散前の少しの間ですが)キーボードを弾いていたことです。
彼は元々、イギリスのバンド、エマーソン・レイク・アンド・パーマーのキース・エマーソンに憧れてキーボーディストになろうと決めたロック・ミュージシャンです。
 
すかんちの初期は、レッドツェッペリンやクイーンやT.REXを基調としたハードロックだったりグラムロックな音楽性よりも、ローリーの破天荒でエキセントリックで誇大妄想なキャラクターが際立っており、コミックバンドだったり色物バンド的に見られることが多々ありました。
キーボードがドクター田中から小川文明に変わったあたりから、偶然なのか、それとも小川文明の音楽性からか、キャラクター性よりもハードロックな音楽性の印象の方が強くなった気がします。
服装もコスプレっぽい衣装から、所謂ロックバンドっぽい格好になりました。
 
僕はやはり後期の方が好きです。
一番好きなアルバムは(再結成前の)ラストアルバムである『DOUBLE DOUBLE CHOCOLATE』です。
このアルバムは二枚組で全部で21曲が収録されているのですが、どの曲もポップでハードロックでグラムロックで最高です。
 

 
このミュージックビデオは僕が日本のミュージックビデオの中でおそらく一番好きなビデオです。
すごくチープで特に手が込んでいるってワケでも無さそうなのですが、とにかくローリーがカッコよすぎるのです。
グラムロックではこうやって化粧するのは珍しくないのですが、このように「ザ・オカマ!」って感じでやっていた人は彼しかいないのではないのでしょうか。
なんというか「アメリカの場末のショーパブのオカマ」って感じがすごくB級で最高です。
それにしても(最近減った気がしますが)こういうギャルってたまにいますよね。
 

 
この曲もDOUBLE DOUBLE CHOCOLATEに収録されている曲です。
亡くなられた小川文明さんがキーボードを弾いています。
プレイがカッコいいのは勿論、ルックスもロッカーって感じでカッコいいです。
 
R.I.P.小川文明

こういうのが聞きたかった!地中海サーフロック!? Boom Pam『ALAKAZAM』

月曜日, 6月 23rd, 2014 | Permalink


エーブックスタッフの水野です。
 
先日、イスラエルのバンド『Boom Pam』のCDを買いました。
Boom Pamは2003年にイスラエルで結成されたサーフロックバンドです。
サーフロックといえば、日本でも1960年代にベンチャーズが大ヒットしたことにより、少しはなじみがある音楽だと思います。
西海岸のイメージのサーフロックですが、このBoom Pamが乗る波は地中海です。
そう、まさに地中海サーフロックという形容詞がピッタリなのです。
 
サーフロックに加え、ポルカだったりバルカンビートっぽいリズムがあったり、ジプシー音楽のような雰囲気のメロディがあったりと、ワールドミュージック的な要素がたくさんあります。
ロックとワールドミュージックの間を絶妙に行っている感じが僕的に、ドハマリしました。
 

 
僕がまずこのバンドを知ったのは、YouTubeでLed Zeppelinの『Black Dog』のカバーをしている動画を見たのが最初です。
ツェッペリンのはもともと普通のペンタトニックスケールかなんかだと思いますが、このBoom Pamバージョンは、スケールが何だかエスニックな感じになっていて、そのリフがリズムにカチッとハマっていて、ものすごく心地良かったのです。
そこからいろいろYouTubeを見て、先日CD屋に行ったらCDがあったので購入しました。
僕が買ったのは『Alakazam』という彼らの3rdアルバムです。
ちなみに日本ではこのアルバムしか発売されていないようです。
 

 
とにかく、久々に素直に買ってよかったと思えるアルバムだった気がします。
僕は音楽好きですけどそんなにCDを買い漁ることはなく、買ったとしてもファンだからとか、人に薦められたからとか、話題だからという、多少ハズれたとしても許せるものしかあまり買いませんでした。
しかし、今回は、僕としてはハズれたらヤダな~という印象がありました。新品ですし。
なんというか、たまたまCD屋にあって、そういえばこれちょっと気になっていたな~ぐらいのノリで、そこまで「欲しい!」と思って買ったものではなかったのです。
そして、買って帰って、いざ聞いてみると「最高」の二文字しか頭に浮かばず、「ちょうどこういうのが聞きたかったんだよ~」とニヤニヤが止まりませんでした。
 
 
Boom Pamをはじめ、今イスラエルではいろいろな若手バンドが勢いづいてきているようです。
イスラエルといえば僕の中では戦争をしている国という漠然としたイメージしかなかったのですが、このアルバムのライナーノーツにて久保田真琴氏が「今のイスラエルは、60年代~70年代のアメリカ(ベトナム戦争時)と似ている部分がある」という内容のことを話していました。
アメリカが戦争を仕掛けていたあの時代、アメリカではイノベーティブで質の高い音楽がたくさん生まれました。
現在のイスラエルもそういう風潮が出てきたということが書いてあり、そういう解釈があるのか~と思いました。
 

 
Boom Pamは7/19に日本のオリジナル編集アルバム『マナラ&サマー・シングルズ』が発売されます。
 
そして、来月7月にジャパンツアーもします。
東京、横浜、大阪で、名古屋はやはり来ないです・・・
また、FUJI ROCK FESTIVAL ’14への出演も決定しています。
 
ぶっちゃけ僕は『Boom Pam』がここまで有名なバンドで、ヒットしているとは知りませんでした・・・
ライブは行けるか分かりませんが、アルバムは絶対欲しい。今から楽しみです。
 

ディズニー人気シリーズの新作はホラー?『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』

月曜日, 6月 16th, 2014 | Permalink


ディズニー・ピクサーが手がける全編CGIで製作されたアニメ『トイ・ストーリー』のテレビシリーズ『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』が、日本で7月に放送されます。
BSテレビ局・Dlifeでのみ放送されるそうです。
 
『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』は映画『トイストーリー3』の後の話で、シリーズ初のホラー要素がある作品になっています。
 

 
シリーズ第一作目の『トイ・ストーリー』が公開されたのは1995年、僕が小学校に上がる前くらいなので、ちょうどドンピシャな年代でしょうか。
子どもの頃、ディズニー映画をいろいろ見ましたが、この『トイ・ストーリー』はすごくハマりました。
僕も小さい頃、人形を集めたりしていたので、特にのめり込んだのかもしれません。
まずCGというところがすごく新鮮で、たくさんいるキャラクターも個性豊かでそれぞれが面白かったです。
中でもウッディがすごく好きで、ウッディの人形が欲しくて欲しくて仕方がなかった記憶があります。
まず、カウボーイというところに惹かれました。
何故だか僕は小さい頃からアメリカの雰囲気(というよりイメージか)が好きで、荒野のガンマンみたいな西部劇が好きでした。
また、バズが家にやってきてからウッディの居場所がなくなってしまうのが可哀想で可哀想で、そこもウッディを好きになった理由の一つかもしれません。
 
2010年に公開された『トイ・ストーリー3』は僕が大人になってから初めてのトイ・ストーリーで、そのストーリーも伴って号泣してしまった記憶があります。
映画シリーズの三作目は大抵コケるというのはよく言われることですが、このトイ・ストーリー・シリーズでは三作目が一番評判が良いみたいですね。
アンディ(ウッディたちの持ち主)と同じように年を重ねていって(物語の中では3は1の10年後ですが)、僕はおもちゃを捨てました。
そういった意味で、なんだかすごくノスタルジックでセンチメンタルな気分になりました。
おそらく、1を小学校上がる前後に見て、この3を15~20歳くらいで見た人にとっては忘れられない映画シリーズの一つになるのではないでしょうか。
 
 
さて、今回日本で放送されることが決まった『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』はホラー仕立て。
英語のティザー動画を見たのですが、ホラー風コメディなのかな?なんにしても可愛いです。
何でもアルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』をベースにしているらしく、どこまでベースにしているのかは分かりませんが、意外とちゃんとホラーを軸に作っているのには、ちょっとビックリしました。
人形というのは、可愛さと同等に怖さも含んでいます。
その辺りはトイ・ストーリー1で既にやっていましたが、今回トイ・ストーリーからこういったホラー系の話が作られたのは、意外と自然な流れなのかもしれません。
しかし、衛星放送のみとは・・・いつかレンタルもするのかな? その際には見てみたいです。

最近の投稿

出張買取エリア