Archive for the スタッフ 水野 Category

21世紀のスキッツォイドマン

月曜日, 12月 3rd, 2012 | Permalink


エーブックスタッフの水野です。

『脳男』という生田斗真主演の映画が来年2013/02/09に公開されるらしいのですが、
その主題歌になんとイギリスのロックバンド、キングクリムゾン『21世紀のスキッツォイドマン(精神異常者)』が決定したらしいですね。
キングクリムゾンとは1968年に結成されたプログレッシブ(前衛的/先進的/実験的)ロックバンドです。
このジャケット、見たことあるという方は多いと思います。

とりあえずこの映画がどんな映画なのかと思い、調べてみるとバイオレンスミステリーなんですね。
「もっとも美しきダークヒーロー誕生!いままで見たことのない生田斗真がここに。天才的な知能と恐るべき身体能力を持ち、正義のためには殺人すら厭わない、美しき殺戮者。そんな彼を人は“脳男”と呼ぶ」
(公式サイトより)
 
近頃はバイオレンスブームなのでしょうか、
あと現在公開中の映画で『悪の教典』というバイオレンスホラーもありますね。
で、今始めて悪の教典の予告編をYoutubeで見たのですが、これはどうやら凄まじい映画のようですね。AKB48の大島優子が途中退出し「私はこの映画が嫌いです」と言い放ったのもうなずける気がします。

生徒からも教師からも絶大な支持を受け信頼されている、若くハンサムで完璧な英語教師が、ある日クラス40人全員を一人ずつ出席を取るかのように殺してゆくというストーリー。
 
伊藤英明という俳優は、僕の中では、真面目で、正義感が強く、男らしいというイメージが強い人なのですが、そういったイメージを抱いている人は多いと思います。
そのイメージが完璧な教師役に繋がり、先生が大好きな生徒たちはそのままファンに当てはまる。そしてそれら全てはこの為だといわんばかりの裏切りを見せるのですが、しかも生半可なものじゃなく、トラウマ級のバイオレンス描写で煽りまくる。これはもしかしたら伊藤英明にやられるのは生徒じゃなくてファンなのか?
そんなことを考えていたら、伊藤英明がこの役を引き受けるっていうのは、ファンを失ってしまうかもしれないような大きな賭けだったのではないでしょうか。
 
僕は、バットマンの映画『ダークナイト』シリーズが好きなのですが、もしバットマンを日本人がやるなら・・・と考えてみた時があって、真っ先に伊藤英明が思い浮かびました。
ダークナイトシリーズは、僕の大好きな俳優クリスチャンベールが演じているのですが、『悪の教典』の予告編を見ていると一つの映画が思い出されました。
それは『アメリカンサイコ』という、ハンサムで完璧主義者な大金持ちの社長息子が連続殺人を繰り広げるというサイコスリラー映画なのですが、何の因果かその主演はクリスチャンベール。
自分の中でこんな偶然あるのかと少しテンションが上がりました。
 
脳男も悪の教典も、何かふっ飛ばしてくれるに違いないでしょう。
少し前に、切ない青春恋愛モノの映画が流行ったように、危ない暴力描写モノの映画が流行るのでしょうか!?
時代と共に求められるものも変わりますし、それに求められる度合いも変わるのですね。

”全国古本・漫画買取MAP”


買取店 ブログランキングへ

FINAL FANTASYというゲーム

月曜日, 11月 26th, 2012 | Permalink


エーブックスタッフの水野です。
僕の趣味は音楽を聞くことや漫画を読むことや映画を見ることや、あとはゲームをすることです。
先日ローリングストーンズが50周年を迎えたという話をしましたが、僕の大好きなゲーム、FINAL FANTASYも25周年を迎えました。
ファイナルファンタジー(以下FF)とはゲーム好きの方にとってはもう定番中の定番。
ナンバリングのつけられたタイトルでも14作、スピンオフも多数作られている大人気シリーズです。
FFは、ファンタジーに題材を採った架空世界を舞台とし、モンスターとの戦闘を介して経験値を取得することでキャラクターが成長し、成長することで探索・行動範囲を広げるという(ウィキペディアより)、RPG、ロールプレイングゲームです。
シリーズ初期は、中世ヨーロッパ風の世界観に剣や魔法やモンスターの所謂王道ファンタジーの物語だったのですが、
時代が進み、ハードがファミコンからスーパーファミコンへ。
94年に発売された6は、剣や魔法のファンタジーは古い!といわんばかりに、物語の中でも魔法は既に太古の技術とされており、機械などが発達した近代的な世界観を取り入れたオリジナリティの高いゲームでした。
そしてプレイステーションにハードを移した97年の7は、完全なる近未来を舞台にしたSFファンタジーです。
環境破壊と人格崩壊をテーマにした重い物語。チョコボ(FF世界における軍馬のような大きな鳥)ではなくバイクに跨り、広大な草原ではなく高架式道路を走り抜けます。
それ以降FFは、剣や魔法だけがファンタジーなのではなく、もっと広い意味での空想世界というファンタジーに挑戦してきた印象です。

僕がFFを好きな理由の一つとして、物語が単なる勧善懲悪ではないというところです。
主人公の宿敵が、魔王のようなモンスターではなく、一人の人間だというのもエモーショナルな設定で好きです。
 
僕の中で最も衝撃的なシリーズは、前述しました7です。
とにかく主人公のバイクに跨り高層ビルからバリーンッ!と登場し、高架式道路をドリフトしながら走り抜けるクラウドがかっこよかった印象が大きいです。
今まで主人公とは、真面目で希望を捨てない優しくタフな勇者だったり、ちょっとヤンチャだったりおちゃらけているような三枚目だがやるときはやる!というポジティブな2タイプがメインだったけど、
7の主人公は、暗く、すれていて、生意気で、情緒不安定で、影をもっている・・・というネガティブなタイプ。こういうキャラクターって脇役ではよくいるけど、これを主人公に持ってくるってあまり無かったんじゃないかなぁと思います。
あと荒廃した近未来という世界観も小学二年生らしくハマりました。しかし、同世代で好きな人は少なかったな。
僕がハマったのはその世界観で、ストーリー自体は難しくその当時は全く理解していませんでした。
そしてたしか去年ぐらいに改めてプレイしたのですが、まさかこんな物語だとは・・・
かなり端的に話すと、荒廃した近未来で精神分裂症の青年がかつて憧れたスターに復讐する話。これだけでは何を言っているのか分からないと思いますが、本当にこういう物語なのです。
 
衝撃部門1位が7でしたら、思い出部門1位は8です。
8が出たのが僕が小学5年生の頃で、確か同世代でやっている人も多かったです。
8も7に続き近未来が舞台で、7は環境問題などを抱えた荒廃しかけた近未来というのが単なる舞台なのではなく一つのテーマだったのに対し、8はもう少しファンタジックで、世界観としてのSFです。ストーリーは完全にラブストーリーです。クールで物静かな主人公スコールは物語中、一切笑わないのですが、エンディングでほんのちょっと微笑むのがすごく感動的でした。
RPGにおけるキャラクターの個性って性格というよりも、バトルでの役割が大きかったけど、この8だと完全に性格が個性になっていて、その分キャラクターが生き生きしていた気がする。
僕のお気に入りはサイファーとアーヴァイン。
テーマソングとなったフェイウォンのEyes on meを聞くたびにその頃を思い出し、ノスタルジーに浸ってしまいます。
 

 
そして、たくさんやった部門1位はFINAL FANTASY TACTICSです。
これはスピンオフ作品で、ロールプレイングではなくシミュレーションRPGです。
中世ヨーロッパを髣髴とさせる世界で、主人公である貴族少年と平民の親友が目の当たりにする階級社会による身分差別の話からやがて、国と国の戦争の話に、そして宗教が関わってきて、そっから悪魔だとか秘密結社のような団体とかが出てきて陰謀がどうたらこうたら・・・というかなりダークなストーリー。
元来テレビゲームとは子どものやるものであるが、これは子どもには退屈なんじゃないかなぁと思いますが、重厚なストーリーとやり甲斐のあるジョブシステムが面白かったです。
 
・・・ここまで書いてみるとどれもハードがプレイステーション。改めて、ファミコンやスーファミよりも、プレステに思い入れが強いんだなと思いました。プレステ世代。
 
FFファンの間では、近頃のFFは中世ファンタジーからSFファンタジーにより過ぎていて、さらにハードの進化によりグラフィックばかりが進歩し中身が無いという意見が多く、迷走しているといわれていますが、僕はそういわれながらも独自の道を切り開き、進化し続けるFFは僕は好きです。
今あるスタンダードは、かつての異端・・・ってのはよく聞く話です。
 
FINAL FANTASY 25th ANIVERSARYでは、5つのプロジェクトが進行中の模様です。
その中で気になったのが『LIGHTNING RETURNS』
FF13の主人公のライトニングを再び主人公にしたゲームのようです。
しかし、2009年にFF13が、2010年にその続編FF13-2が、そして来年にLIGHTNING RETURNS・・・
“帰ってきたライトニング”というには少し早すぎるスパンの気もするが、おそらくプレイステーションで革命を起こしたFF7と、プレイステーション3で革命を起こしたFF13、というFF史上の二大巨頭として双璧を築こうとしているのではないかと思います。
FF7の主人公クラウドは男、FF13の主人公ライトニングは女。男と女。雲と雷。象徴的だな~って僕は思いました。
 
詳しい情報はFINAL FANTASY公式サイトで。
http://www.finalfantasy.jp/
 

009 RE:CYBORG

月曜日, 11月 19th, 2012 | Permalink


エーブックスタッフの水野です。
先日、夜テレビでエヴァンゲリヲンの映画がやっていたようですね。
僕は知らずに見逃してしまったのですが、どうやらエヴァンゲリヲンの新作が11/17に公開されたようで、僕の周りでも友達が騒いでいます。
恥ずかしながら僕はエヴァンゲリヲンというアニメ、テレビアニメバージョンの3話くらいまでしか見たことなく、当然映画も見たことないのでこのことに関してはちょっと話を触れられないので、この話はスミマセンがパスします。
そんなSF漫画(アニメ)の黙示録モノ(そんなジャンルないか・・・)といえば、サイボーグ009が僕好きなんですが、今年リメイクされて先月から公開中の模様です。
石ノ森章太郎の未完の傑作サイボーグ009を『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズ、『東のエデン』の神山健治監督が2012年の現代に蘇らせた『009 RE:CYBORG』!
普通こういうブログは見てから書くものですが、最近忙しくて体調も崩していて、見に行けていないのですがYoutubeのトレーラーを見てみると何だかすごそうです。
 

 
オリジナルのサイボーグ009とは別物として見た方が良さそうな雰囲気がバンバン伝わってくるが、寧ろリメイクするならこうでなくちゃ、というような正に新世紀型009!
キャラクターも現代風にアレンジしてあります。003がセクシー路線なのはビックリ。
 
サイボーグ009の僕の好きなところといえば、キャラクターのかっこよさです。
まずルックスがかっこいい。深紅のスーツに黄金のマフラー。様々な人種のキャラクターたち。
全員が元々は人間だったが、この世からいなくなってもいいという理不尽な理由(いや理由もないか)から戦争を商売とする秘密結社ブラックゴーストに拉致されて改造されてしまった悲しきヒーローたちです。
主人公である日本人009(ジョー)は正義感が強くてリーダー気質だが、真面目で情に熱いところから敵に同情してしまったりするという心の弱さを持っている。00ナンバーの中では最新式のサイボーグで当時の最先端の加速装置が搭載されており、奥歯のスイッチを噛むと、一定時間、音速で動ける。
ドイツ人004(ハインリヒ)は通称死神。指一本一本がマシンガンになっており、もう片手はナイフになっている。腹には核爆弾があり、膝からはバズーカー砲が飛び出るまさに全身武器の戦闘兵器。こいつがシブイ。シブすぎる。激シブです。敵に同情してしまう009の心の甘さを指摘したりするのも彼。
00ナンバーのメンバーの中ではおそらく一番のタカ派で、戦いの時は勿論前線で突っ込むが、時には参謀としてメンバーに指示も下す。戦闘兵器としては最強だが、それ故に愛する人間に触れることが出来ない体で、そこが泣ける。
アメリカ人002(ジェット)はヤンチャキャラ?というか009の良き先輩ってところか。足からのジェット噴射で空を飛ぶことが出来て、前線でよく戦っているイメージ。色んな話でよく借り出され、よくケガをしているイメージ。
フランス人003(フランソワ)は009に密かに思いを寄せる紅一点。戦うことが嫌で、自分がサイボーグであるということを受け止められないでいる。視力と聴力がずば抜けていて、透視能力を持っているが、それ故に聞きたくない戦争の悲鳴が絶えず聞こえてしまう。
ロシア人001は赤ん坊。天才的な知能を持っており、テレパシーも使える。調子の良い時はテレポートも出来る。ただ体は赤ちゃんなので体力が無く、能力を使うと眠ってしまい、しばらくの間は起きない可愛い子。
ネイティブアメリカン005(ジェロニモjr)は人種のせいで仕事が貰えず、雇われるという形でサイボーグに改造されてしまった。バトルでは大抵みんなの盾になっている。彼に関するエピソードは少ない気がする。
中国人006(チャンチャンコ)は中華料理屋を経営していたが不景気による借金地獄で自殺しようとしていたところをブラックゴーストに拉致されサイボーグに改造された。みんなが任務に出かけている時の留守番役が多い気がする。
イギリス人007(グレートブリテン)は売れない役者で何にでも変身できる能力を持っている。
ムードメーカーであり、確かサイボーグとして戦う日々を日記につけていた。
そのキャラクターと、能力の幅の広さから出演回数は多い気がする。
アフリカ人の008(ピュンマ)は元々黒人奴隷で、解放する条件に改造されてしまった(騙されて)。彼は水中で活動できる。あまり活躍の場面は少ないが、元々黒人で人種差別されてきて、次にサイボーグになり、さらに次に半漁人アーマーに改造されるという悲劇の男。容姿のせいで差別されてきたが故に深い悲しみを負うが、004に「俺は全身が武器だ。誰か触れることも出来ない」と言われ、涙を流すというエピソードが泣ける。
 
もう知ってるよ、との声が聞こえてきそうな中、かなりダラダラと書いてしまいましたが、彼らの他にも敵キャラクターも悲しみを背負っていたりして、泣ける。
人の弱みに付け込みサイボーグにし、戦争を起こしそれで商売をする憎きブラックゴーストから、ギリシャ神話の神々とまで戦うサイボーグ戦士たち。
“悲しい運命を背負いながら立ち向かう”という分かりやすいカッコよさが痺れるのです。
ハリウッドよろしく分かりやすいヒーロー像。
009 RE:CYBORGはどうやらストーリーもオリジナルのようで、僕も早く見たいです。
 

THE ROLLING STONES 50周年

月曜日, 11月 12th, 2012 | Permalink


はじめまして、エーブックスタッフの水野です。
今回初めてブログの方を書かせていただきます。

僕は普段から音楽(特にロック)を聞くことが趣味なんですが、特に好きなバンドの中で、ローリングストーンズというバンドがいます。
ローリングストーンズとはもうご存知かもしれませんが、イギリスのロンドンでちょうど50年前にブライアンジョーンズを中心に結成されたちょーご長寿バンドです。
そのストーンズのニューアルバム(といってもベスト盤です)が11/14に発売されると知ってちょっと欲しいと思ってしまいました。


ストーンズって何しろもう50年も活動しているからベスト盤なんてほんとすごいたくさん出ていて、10年前にも40周年としてフォーティーリックスというストーンズの全キャリア(一応今も活動中なのだが)を初期と後期とで分けた二枚組のベスト盤が出ているんだけど、今回のはもう次はないかもしれないというのを見越してなのか、何だか究極的なんです。

次がないというのは現在、最年長のドラムのチャーリーワッツはもう71歳。癌を患ったらしいし、20代の頃からドラッグ中毒で全身の血液を全て交換する治療を受けたほど(真偽は不明)のヤバイ男キースなんて30年前からいつ死んでもおかしくはないし、
現リーダーのミックももう69歳だ。驚くことに彼は去年、スーパーヘヴィという新バンドを、人生で初めて自分でバンドを立ち上げているが(ストーンズの創始者はブライアンジョーンズ)、最年少のロンウッドも65歳。
10年後にはミック79歳、キース78歳、ロン75歳、チャーリー81歳!
はっきり言って誰かが死んでもおかしくはない。第一、決して長生きできるような人生を送ってきてはいないのだから。

そういった意味でも今回のベスト盤は要チェックです。
その名もGRRR! 獣の威嚇する声です。
なんと50周年にちなんでか、50曲も入っているのです。しかも新曲が2曲あります。
その新曲がかっこいいのです。
とりあえずミックジャガーのセクシーで下品な歌は健在。70を目前にしたジジイの歌声にはとてもじゃないが聞こえません。

しかし、今回のベスト盤、なんと3バージョンもあるのです。
通常版、デラックスエディション、スーパーデラックスエディション。
(※以下公式サイトから引用)
通常版は、
オールタイムべスト三枚組50曲(2曲新曲)。12ページのブックレット、80ページの日本語ブックレット(解説,データ,歌詞,対訳)、50周年記念ロゴ防水ステッカー(初回特典!)。
税込2,980円!

デラックスエディションは、
三枚組50曲。DVDサイズのボックス、36ページのハードカバー本、ツアーポスター絵柄のポストカード×5種、DVDサイズ52ページ日本語ブックレット(英文ライナー訳,解説,データ,歌詞,対訳)。
税込5,000円!!

そしてスーパーデラックスエディションは、
四枚組80曲+ボーナスCD二枚!A3サイズの超大型ボックス、96ページ豪華ハードカバー本、A2ポスター、ツアーポスター絵柄のポストカード×5、超大型24ページ日本語ブックレット(英文ライナー訳,解説,データ,歌詞,対訳)
税込15,000円!!!!!

このボリュームには驚きました。スーパーデラックスエディションに至ってはもう収録曲から違う。どれを買っても全てを揃えられない。全部揃えたいのであれば全部買わなくてはいけないとは!
うーむ、これはデラックスエディションかな。さすがに15,000は・・・しかし、スーパーデラックスエディションのボーナスCDは初期オリジナルメンバーのストーンズ最古の録音を収録しているというのです。初蔵出し、です。
さすがミックジャガー、商売上手です。

そして、そのベスト盤GRRR!とは別に、DVD/Blu-rayも発売されるようです。
CHARLIE IS MY DARLING
ストーンズ最初期のドキュメンタリーがオフィシャル初登場!税込3,800円!
なんとこれにもスーパーデラックスエディションというバージョンが存在します。
税込15,000円!
 
 
GRRR!は、11/14発売(デラックスエディション,スーパーデラックスエディションは11/28発売)
CHARLIE IS MY DARLINGは、11/7発売(デラックスエディションは11/21発売)
 
 
ちなみに、私事ではありますが、
GRRR!の発売日11/14は、僕のやっているバンドの1stアルバムの発売日でもあります。
機会があれば見てください。
ドロロニカ/コンバットアイドル
 
 
あと、その二作品とはまた別に、CROSS FIRE HARRICANEというドキュメンタリー映画が公開されるらしいです。
全キャリアのドキュメンタリー。製作総指揮は、前のドキュメンタリーシャインアライトで監督を務めた、マーティンスコセッシ。
 
ストーンズってドキュメンタリーも既にいくつかあって、よくまあこれだけいくつもドキュメンタリーが作れるもんだなって思ってしまいますが、しかし見に行きたいです。
 
ちょっと気付いたらかなり長くなってしまったのでこのへんで・・・。

最近の投稿

出張買取エリア