Archive for 9月, 2013

Arctic Monkeys

月曜日, 9月 23rd, 2013 | Permalink


イギリスのロックバンド『アークティック・モンキーズ』の新作『AM』が2013年09月10日に発売されました。

AM – Arctic Monkeys

Track List
01. Do I Wanna Know?
02. R U Mine?
03. One For The Road
04. Arabella
05. I Want It All
06. No. 1 Party Anthem
07. Mad Sounds
08. Fireside
09. Why’d You Only Call Me When You’re High?
10. Snap Out Of It
11. Knee Socks
12. I Wanna Be Yours
13. 2013(日本盤ボーナストラック)
 
 
 
アークティック・モンキーズといえば2002年に結成され今年で早11年目になるのですが、おそらく既に2000年代以降のロックシーンを代表するようなバンドとなっているのではないでしょうか。
オアシス以来の大物ともいわれているようです。

アークティック・モンキーズがデビューした時(2006年)、ボーカルのアレックス・ターナーは弱冠20歳前後で、その当初からあまりにも自嘲的且つロジックが巧みな歌詞を歌っていたため、実は影でゴーストライターがいてそれが作詞をしているんじゃないかとの噂もあったほど。
またザ・スミスのモリッシーは彼らがあまりにも若く、そして早くブレイクしてしまったことに批判的な態度を示したことも有名です。
そのことに対しオアシスのノエル・ギャラガーは「人気が出る出ないは本人の意思ではどうしようもないこと、それは仕方がないだろ」とアークティック・モンキーズを擁護する場面もあったそうです。
後にモリッシーも「考えてみれば僕たちスミスもデビュー当時は同じような感じだった、批判するのは間違っていた」と謝罪しています。
 
たかが50年、されど50年、ロックミュージックのシーンというものが出来上がってそれだけ年数が経てば、色々な才能があるのは当然。
ともすれば、若いうちからそれらを吸収し、さらにそれを凝縮してアウトプットすることも当然出来うることなのを証明してくれたバンドが『アークティック・モンキーズ』なのだと思います。

若くして爆発的な人気を誇っている彼らについてやはり素直に肯定できないロックファンも多いようですが、僕は彼らの音楽は好きです。
最初に聞いたのはこのBrian Stormという曲です。レッドツェッペリンの移民の歌をさらにハードにし、いかにもイギリス的なマイナー調な旋律で三連譜を駆使したリズムに衝撃を受け、素直に「ムチャクチャかっこいい!」とうなってしまいました。

はっきりいって日本でこういうようなハードでエッジの効いた曲をやるバンドがいても、それはいかにもオルタナティブ的で、アンダーグラウンド志向なイメージを持たれてヒットしたとしても一般的な音楽ファンの耳には届かない。ということがほとんどだと思います。
しかし、これが現代でも国中で大ヒットするというイギリスという国にはロックという音楽が少なくとも日本よりははるかに身近なんだなと思いました。

Brian Stormは若さのエネルギーに満ち満ちたような曲ですが、僕はこのCrying Lightningを聞いた時、「うわ~、やれらたな~」という気持ちになりました。

相変わらずマイナー調のメロディはおそらく手癖なのでしょうが、「この曲なんか聞いたことあるな~」と思ったら、多分ドリフターズの『ドリフのズンドコ節』。
怪しげで如何にもB級な世界観は、若い物好きなティーン、マニアックなロックファンは勿論、初期のピンクフロイドやドアーズ辺りが好きな古いロックファンをも唸らせることが出来たんじゃないでしょうか。
 
そして、今回の新アルバム『AM』からのシングル『Why’d You Only Call Me When You’re High?』。

相変わらずなメロディ癖ですが、深みは増す一方。切なさも増してきました。
何よりボーカル、アレックスターナーのイメチェンぶりが驚きです。
最初はいかにもイギリス風な文学青年スタイルで、それからロングヘアのハードロック風スタイルに変化していき、そして今は何とリーゼントに革ジャンのロカビリー風スタイル。
いかにも繊細そうなイメージだった彼が、こういうスタイルをしたのは驚きですが、僕はこれが一番かっこいいと思いました。
 
arcticmonkeysnow

また、これからどんな音楽を発表してゆくか楽しみです。

お引越しされるご依頼主宅にお伺いさせて頂きました。名古屋市瑞穂区

日曜日, 9月 22nd, 2013 | Permalink


今回のご依頼主様はお引越しのための整理という事でお伺いさせて頂きました。
ご依頼主様はお宅がエレベーターなしの4階のお部屋ということでご心配されていましたが、
1時間程でなんとか終了することができました。

さすがにエレベーターなしの4階からの積み込みは少し疲れましたが、
ご依頼主様にも喜んで貰えたようですので、良かったです。

この度はありがとうございました。

古いバスケットボール雑誌など買取りさせて頂きました。

土曜日, 9月 21st, 2013 | Permalink


今回のご依頼主様は大学の先生ということで、
大学のほうにお伺いさせて頂きました。

ハイエースが半分程埋まる量がありましたが
大学の生徒さんに運び出しを手伝ってもらいましたので
とても早く積み込むことができ大変助かりました。

この度はありがとうございました。

DSCN6541

DSCN6554

ニーチェ全集 全25巻 白水社 買い取りします。

木曜日, 9月 19th, 2013 | Permalink


エーブックスタッフの小笠原です。

現在当店では、「ニーチェ全集 全25巻 白水社」を積極的に買取中です。

ニーチェは19世紀中盤から後半にかけて活躍した哲学者です。実存主義の先駆者とも呼ばれた彼は、有名な永劫回帰という思想にたどり着きました。これは世の中はある方向に向かっているのではなく、何度も同じことを繰り返すのだという考え方です。確かに、何度も似たような過ちを繰り返す人類を見ていると、そういう考え方にたどり着くのも納得できるかもしれません。

「ニーチェ全集」は、そうした彼の思想の一端に触れることができる、大変貴重な作品です。権力、人間、知識、その他もろもろをテーマに扱っており、読みごたえが抜群です。厳しい自己追求と、論理的に展開していく近代文明批判は、目から鱗が落ちること間違いないでしょう。この一冊は現代においても、大変に価値がある一冊です。

彼はひょっとすると、近代文明に染まり続ける当時の人間に対して、警鐘を鳴らしていたのかもしれません。高度な現代文明に頼り切った生活をしている私たちにとっては、大変刺激的な一冊です。

アルヴァ・アアルト作品集 全3巻 買取します。

水曜日, 9月 18th, 2013 | Permalink


エーブックスタッフの桐谷(きりや)です。
現在『アルヴァ・アアルト作品集 全3巻』を積極的に買取させて頂いております。

アルヴァ・アアルトは、フィンランド生まれで20世紀を代表する建築家です。
建物の設計だけでなく都市計画にまで関わり、家具や食器など
デザイン作品まで手がける多彩な芸術家です。

1898年に生まれ、1916年~1921年にヘルシンキ工科大学で建築を学ぶ。
学生時代には実家を設計し、卒業後1年で教会設計を行っています。

彼の初期作品は、古典的なものでしたがモダニズムの影響を受ける。
1928年にコンペティションで優勝した、パイミオのサナトリウムから
北欧を代表するモダニズム建築家として注目され出しました。

彼の代表的な作品は、ヘルシンキ工科大学本部やフィンランディアホール、
ヴィーブリの図書館などフィンランドを中心に多くの作品を残している。

本書では、アルヴァ・アアルトの全作品をたくさんの写真と図面が
1巻1922~1962年、2巻1963~1970年、3巻1971~1976年と
年代別に、解説付きで解りやすく載っている見応えのある本です。

ご自宅に眠らせているものがありましたら、お譲り頂けないでしょうか。
出張買取、メール査定も行っていますので、気軽にお問い合わせ下さい。

最近の投稿

出張買取エリア